「キレイモで全身脱毛しようと思ったけど、口コミを調べたら効果がないという人もいたので不安」、「キレイモに通い始めたけれど、効果がない気がする。どのくらい通えば毛が薄くなるものなの?」

ここではキレイモの効果が心配な人のために、「キレイモは効果なし」という噂の真相を探ってみました

キレイモで効果を得るために必要な回数と期間「キレイモの脱毛は美肌効果あり」という噂についても解説するので参考にしてください。

キレイモの学割の料金はどのくらい安くなる?

キレイモの効果に関する口コミを紹介

キレイモの効果に関する口コミ

・3回通ったが毎回本当に照射漏れがひどく、ワキとVラインがシマシマになってしまった。毎回効果はどうか聞かれるので、「あまり感じてない。シマシマになってしまった」と言っても続けていくうちに抜けてくると言われるだけで対応ナシ。コースセンターに連絡しても対応してくれず残念。

効果が高く、4~5回目から脱毛効果が出てくるとの話だったが、1回目から毛量が減ったのが実感できた

あまり効果を感じられない。12回でツルツルになると口コミで見ていたが、毛が細くなったかな程度の効果しかなかった。

・1回1回の効果が高くて満足している。まだコースの回数は残っているけれど、脱毛完了してもいいかなと思うくらい効果が出てきている

予約も全然取れないし、接客もよくない。技術にもばらつきがあるし、効果もあまりわからないので解約した

脱毛機との相性で効果が出にくい場合あり

キレイモの口コミを見ると、「効果がイマイチなので解約した」といった意見が投稿されています。

キレイモに限ったことではありませんが、エステサロンは医療機関ではないため、一定以下の出力の脱毛機しか使えません

そのためどうしても、「脱毛機との相性が悪いために効果が出にくい人」が存在します。

脱毛機との相性は、事前に明確に予測できるものではないため、キレイモのスタッフも施術してみないと分からないのが正直なところです。

ですが幸い、キレイモの場合は2ヶ月で止められる月額制があるので、月額制で効果を見てから、回数制を検討する方法が可能です。

通う回数が少ないうちは効果が分からない場合も

「まったく効果がない」といった口コミの中には、通った回数が少なすぎるので効果が実感できないケースもあります。

キレイモの脱毛機はエステで使用できる範囲の出力なので、効果の出方はとてもゆっくりです。自己処理不要になるまでには、最低でも12回はかかります。

そのため、通い始めの何回かは効果が実感できない人も珍しくありません。

ですが、キレイモの脱毛機と合わない人でなければ、5回目までには毛が細くなり始めるので、5回目終了の時点で効果の有無を判断するとよいでしょう。

照射漏れで抜けないこともある

「3回通ったが毎回照射漏れが酷く、施術部位がシマシマになってしまった」など、照射漏れを訴える口コミもあります。光が当たっていない部分は当然、効果は出ません。

さらに、コールセンターに相談しても照射漏れを認めてもらえないこともあるようです。

毛周期の関係でまだらに抜けてしまうケースとの見分け方としては、「1列だけ毛が残っている」、「縞模様に毛が抜ける」など、ムダ毛が規則正しい残り方をしているなら照射漏れで間違いありません。

照射漏れは、照射口の形に毛が残るものだからです。

照射漏れが明らかであるにもかかわらず対応してもらえないようなら、消費者センターなどに相談した方がよいでしょう。

産毛には効果が出にくい可能性も

「まだコースの途中なのに、もう通わなくてもいいかと思うほど効果が出てきた」など、キレイモの全身脱毛の効果に満足する声も多いです。

ですが、背中などの産毛が多い部位には、効果が出にくい可能性もあります。

キレイモの脱毛方法は「IPL脱毛」といって、毛根のメラニン色素を狙うことで脱毛する方法です。そのため、脇やVIOの黒々とした毛の脱毛には向いていますが、色素が少ない産毛の脱毛はあまり得意ではありません

また、効果が出ていても毛が細くて抜け毛に気づきにくいので、見て分かるほど毛量が減るまでは、効果を実感しにくいです。

キレイモの学割の支払い支払い方法は?

6回目までには毛量が減り始める

光脱毛は効果の出方の個人差が大きいため、「○回でこのくらいの効果」と断言するのは難しいです。

キレイモでの一般的な傾向としては、3回目までに太い毛がやわらかくなり5~6回目までには毛量が減り始める人が多いです。

ですが、この段階ではまだまだ毛がたくさん残っているので、自己処理が必要です。キレイモの回数パックは6回コースから選べますが、6回では脱毛は終わりません

早い人だと12回で満足できる場合も

もともとの毛量が少ない人や、完璧を目指していない人の場合は、12回で満足できる人もいます。

もとの毛量にもよりますが12回目の効果は、ほとんどの部位で自己処理不要になる人が多くなってくるレベルです。

キレイモは2ヶ月おきに通うので、12回通う場合に必要な期間は2年です。

剛毛な人は18回が最低ライン

剛毛な人の場合は12回でもまだ目立つ毛が残ってしまうので、18回が最低ラインと考えるとよいでしょう。人によっては20回以上通わないと完了しないこともあります。

回数が多くかかりそうな人は、必要に応じて無制限コースも検討してみるとよいでしょう。

顔とVIOは回数が多くかかる

部位によっても効果の出方が異なります。回数が多くかかるのは、顔とVIOです。

顔は産毛が多く、IPLの光が反応しにくいために回数が多くかかります。

VIOは毛のメラニン色素が豊富なので光自体は反応しやすいですが、毛が太いので回数が多く必要です。

光脱毛は「減毛・抑毛」といって、弱いダメージで少しずつ毛を細くしていくので、剛毛なほど回数がかかるのです。

また、VIOは下着の摩擦などで肌が黒ずんでいることも、回数が多くかかる原因になっています。肌が黒ずんでいると火傷のリスクが高くなり、出力を充分に上げられないからです。

さらにVIOはデリケートなので、出力を高くすると痛みが強くなるという問題もあります。

キレイモの学割は紹介割など他キャンペーンと併用できる?

光脱毛なので痛みが少ない

キレイモのIPL脱毛は、光脱毛の一種です。脱毛の痛みは高温の熱が肌に加わることが原因ですが、光脱毛の出力はそれほど高くないため、痛みが少ないです。

そのため、医療脱毛の痛みに耐えられずにキレイモに乗り換える人も多いです。

特に脱毛が初めての人や痛みを感じやすい人は、慣れるまで出力を下げたり、休憩を挟むなど配慮してもらえるので安心です。

なお、剛毛の人は光が反応しやすいので痛みを感じやすい傾向がありますが、毛量が減るにしたがって痛みもなくなっていきます。

他の光脱毛に比べるとやや痛みが強め

IPL脱毛はそれほど痛くありませんが、他の光脱毛に比べるとやや痛みが強めの脱毛方法ではあります。

脇や手足などは「温かく感じる程度」という人がほとんどですが、デリケートなVIOでは痛みを感じる人もいます。

我慢できないほどの痛みを訴える人はレアケースですが、耐えられない場合は、SHR脱毛ハイパースキン脱毛ができるサロンを選んだ方がよいでしょう。

SHR脱毛とハイパースキン脱毛も光脱毛ですが、IPL脱毛とは脱毛の仕組みが違うため、体温に近い温度の光で施術できます。光の温度が低いので、痛みを感じることはほとんどありません。

キレイモの顔脱毛も学割は使える?

IPLはもともと、肌治療に使われていたもの

キレイモで使用しているIPLの光は、もともとはシミやハリなどの肌治療に使われていたものを脱毛に応用しています。

そのため、キレイモで脱毛することで美肌効果も期待できます。脱毛の他に期待できる効果には、毛穴の引き締め・キメを整える・乾燥肌の改善・ニキビなどの肌トラブルの改善、くすみ改善などが挙げられます。

毛穴が引き締まることで、鼻の毛穴の黒ずみも改善できる可能性があります。

ただし、肌治療に使う場合とは機械の設定が異なるため、必ず美肌効果が得られるとは限りません。

なお通常は、施術後のケアに引き締め効果のあるスリムアップローションを使いますが、オプションで美白ローションも選べます。

顔脱毛をフォトフェイシャルに変更できる

キレイモの全身脱毛には顔脱毛が含まれていますが、回数制と無制限コースの場合は、顔脱毛をフォトフェイシャルに変更可能です。

IPLの光を照射することで、ターンオーバーを促進・肌を活性化させます。フォトフェイシャルは、以下の肌悩みに対応できるとされています。

・シミ、ソバカス
・くすみ
・ニキビ
・ニキビ跡
・しわ、たるみ
・赤ら顔
・肌荒れ
・毛穴

使用する機械は脱毛と同じですが、肌ケアに適した設定に切り替えて行うため、脱毛の施術よりも高い美肌効果が期待できます

「ニキビができにくくなった」、「シミが消えた」などの口コミも見られるので、興味がある人は試してみるとよいでしょう。

まとめ

キレイモは効果なしという口コミを見かけますが、通う回数が少ないために効果がないように感じているだけの人も多いです。

光脱毛で毛量が減り始めるまでには5~6回はかかり、自己処理がいらなくなるまでには最低でも12回は必要です。期間にして2年はかかることを理解しておきましょう。

なお、キレイモのIPL脱毛はメラニン色素に反応する性質上、背中など産毛が多い部位には効果が出にくい傾向にあります。